なぜ、「天然酵母パン」は美味しいのか

麦パン工房の「天然酵母パン」は、きめが細かくしっとりフワフワしています。そのまま食べてももちろん美味しいのですが、トースターで焼くと、外はサクッと中はモチモチで、更に美味しくお召し上がりいただけます。工場では風味を損なわないよう、焼きたての美味しさをぎゅっと閉じ込め、お客様の好きな幅にカットして食べていただけるように、あえてカットせずに販売しています。では、「天然酵母パン」の美味しさの秘密である「天然酵母」は、一体どんな働きをしているのでしょうか。
「天然酵母」は、500年以上前から自然界に生息していた微生物です。なぜ微生物によって「天然酵母パン」が美味しくなるのでしょうか。一つは、「天然酵母」によって、じっくり長時間かけて発酵させることにより、製粉臭が抜けて、小麦本来のおいしさを引き出すことができるからです。もう一つは、「天然酵母」の働きにより、タンパク質をアミノ酸(うまみ成分)に分解し、また乳酸菌によって乳酸発酵することにより、しっとりとしていてとても美味しく、しかも賞味期限の長いパンを作ることができます。
また、麦パン工房では、パン生地を練るのに使用する「水」にもこだわっています。塩素の残る水道水は使用せず、名水の評価高い、岐阜の天然水を使用しています。従って、通常使用されることの多い、品質改良剤などの添加物も一切使用しておらず、安心してお召し上がりいただけます。 もちろん、「小麦粉」にもこだわっています。麦パン工房が独自で定めた、タンパク値、灰分値、水分値である小麦粉を使用し、仕入れの度にこれらについて数値の確認をし、品質の向上に努めています。

「ビール酵母」

麦パン工房の「ビール酵母パン」は、「天然酵母」の中でも、特にビール作りに使われる「ビール酵母」を使用したパンです。ほんのり甘く、しっとりしていて、栄養もたっぷり。自信をもっておすすめできる商品です。「ビール酵母」は、ビールを作る工程で麦芽を煮てつくった麦汁を「発酵」させるのに欠かせない酵母です。しかし、「ビール酵母」自体にアルコールは含まれていません。
「ビール酵母」は麦芽を発酵させる際に、麦芽のタンパク質を取り込み、酵母体内でタンパク質やアミノ酸に分解します。加熱することにより、酵母自体は死滅しますが、酵母体内に残った栄養素は健在であるため、食べるとたくさんの栄養素を摂取することができます。 ビール酵母の体内に含まれる主な栄養素は以下の通りです。

・ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、必須アミノ酸(イソロイシン、ロイシン、リジン、含硫アミノ酸、芳香族アミノ酸、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン)※必須アミノ酸に関しては分解する麦芽によって多少変動します。

食の「安全・安心」は「製販一体企業」でなければ実現できない

「いつ、どこで、どんな農薬・肥料をどれだけ使用した作物なのか」
「いつ、どこの工場で、どんな工程で、何を使って製造された商品なのか」
「いつからいつまで、どこの倉庫で、どのように保管されていたのか」
「いつ出荷され、どこのお店で販売されたのか」

この「食の履歴」が『安全・安心』をお約束する上でとても重要な「食のトレーサビリティー」です。製販一体のグループ企業である神戸物産が、上記のすべてにおいて、いわば「設計図」を描き、麦パン工房は、その設計図に従い安全安心をのせたオリジナル商品を製造する「製販一体」の中枢の役割を担っています。

お客様に、『安全・安心』をお届けするために、これからも日々邁進してまいります。